妊娠

 

写真は、臨月です。

 

 

 

妊娠を公表したのは、安定期に入ってからのこと。

 

仕事関係の方には、5ヶ月半頃

生徒さんには、6ヶ月半頃

 

一様に「全然、気づかなかった」と言われました。

クラスでは、いつもタイトなウェアの私ですが、

妊娠してからはゆるめのウェアにしていたせいかな。

そして、6ヶ月頃までは、あまりお腹が目立っていなかったかも。

ただ、お二人ほど、「おやっ?」と思っていたらしいです。

 

 

クラスは、動きを制限して臨月まで行いました。

ただ、後屈と逆転は一切しませんでした。

言葉のみでリード。

 

この時期に、初めてヨガのクラスにお越しいただいた方には、

デモがお見せ出来なくて申し訳なかったです。

 

 

自分自身のヨガの練習は、妊娠が分かってから、控えました。

アシュタンガの練習をストップすることは躊躇ましたが…

ここで練習をお休みしちゃうと、

取り組んでいたポーズが出来なくなるかもという不安がありました。

でも、これもヨガと思って、

きっぱり手放しました、そのエゴを。

 

妊娠前からヨガをされている方は、

妊娠しても同じような練習をしても良いと言われています。

私は、高齢出産の為、かなり慎重になっていました。

この奇跡を手放したくなかったから。

 

 

妊娠後期からは、マタニティヨガのクラスへ通い、

自宅では、呼吸法と瞑想を深めました。

そして、毎晩、出産のイメージトレーニングをしてました。

色々な方の出産レポを読みあさり、

出産には1つとして同じものはないと知りました。

あらゆる事を想定して、出産の勉強をする日々が続きました。

 

お産に役立ったのは、この呼吸法と瞑想、

そして、イメージトレーニングだと思っています。

 

 

 

 

取り乱さず

 

騒がず

泣き叫ばず

否定的な言葉を発することなく

粛々とお産を全身全霊で感じる

産まれてこようとする赤ちゃんが主体で

私はそれをサポートするだけ

病院で一番静かなお産だったと言われるような

そんな出産を夜な夜なイメージしてました。

 

 

無痛分娩の予定なので、きっと大丈夫だと思っていました。

出産を迎える当日までは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・QRコードの読み取り

・ボタンをクリック

LINE公式アカウントの

お友だち追加で、

スタジオの情報や案内を

お知らせします。

 

 

 

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ